公式マガジン

サービスのアップデート内容から、活用方法、物流・eコマーストレンドまで、一目で確認できます。

アップデート内容

サービスのアップデートに関する情報をお知らせします。

お知らせ

リアルパッキングの新着情報をご紹介します。

活用ノウハウ

業務効率化をサポートする、活用ノウハウを確認してください。

導入事例

リアルパッキングでビジネスを変革した、お客様の事例をご紹介します。

物流・eコマーストレンド

物流とeコマースのトレンドをご確認ください。
物流・eコマーストレンド

なぜ、EC事業者は今すぐ越境ECを始めるべきか

越境ECを通じて、お客様に様々な商品のラインアップを紹介することはお客様に選択肢を与えることと同じです。また、現在のEコマースプラットフォームは、プラットフォーム別に差別化された機能がほぼないです。そのため、差別化を図るためには商品のラインアップを充実させることが重要です。
物流・eコマーストレンド

世界市場を席巻する中国発越境EC

驚きの低価格で注目を集める、中国発のショッピングアプリ アリエクスプレス・テム・シーインなど中国発ECが、積極的なマーケティングを実施し、一日に数百件も関連記事がネット上で見られています。中国発ECが様々な商品と低価格、そして、アプリの使いやすさを前面に押し出し、市場シェアを高めています。最近、これらのアプリの利用者の急増に伴い、アマゾンのシェアを奪っています。
物流・eコマーストレンド

進化し続ける物流サービス、1PL、2PL、3PL、4PLそれぞれの違いを説明~

物流サービスは製品が消費者に届くまでのすべてのプロセスおよび手段を意味します。通販事業者は、個人事業主から大手企業までさまざまな形で存在し、事業規模に関係な物流サービスを利用します。今回の記事では、物流サービスにはどのようなものがあり、どのように進化し続けてきたのか説明します。
導入事例

SMEG(スメッグ)、正確な出荷管理ができました!

現在、SMEGは出庫検品センターとアフターサービスセンターでリアルパッキンで映像記録を残しています。 出庫検品センターでは製品を出庫させながら商品に異常がないか確認しながら映像記録を残しており、アフターサービスセンターではアフターサービスを目的に入庫された瞬間からアフターサービス後の外観及び内部機能が正常に作動するかを確認するまでの過程をリアルパッキンを通じて映像で記録を残しています。
導入事例

オートメーション化されたコーヒー物流現場でのご利用「カフェーブランドE社」

2020年からリアルパッキングを導入し、各店舗に出荷される過程を映像で記録し、ロスを減らし効率的な物流管理を進めています。 また、リアルパッキングを通じて出荷過程で記録された映像を基に、加盟店からの問い合わせが発生した際に映像記録を提供し、迅速な処理ができるように活用しています。これにより、誤配送に関する加盟店からのクレーム発生時、一つ一つ確認する不必要な作業がなくなり、人手と時間の無駄を減らして物流効率を改善しました。
導入事例

自動化設備を取り入れた物流センターで、リアルパッキングをご利用「LG生活健康様」

LG生活健康は製品を出荷する際、自動化ラインで万が一発生する可能性のある不良品の確認のためにリアルパッキングを導入しました。コンベヤーベルトにスキャナーがQRコードを認識したとき、リアルパッキングは箱内の商品を自動的に撮影する形です。 作業者が別途の追加行為をしなくても、スキャナーがQRコードを認識すると、自動的に撮影が開始され、終了され、リアルパッキングが作動する原理です。
導入事例

パントスロジスティク、誤出荷率を劇的に下げました!

LX Pantosでは、リアルパッキングを通じてこのような問題を解決しています。製品注文ごとに残したリアルパッキングの視覚的な映像記録をもとに、現場の物流担当者や荷主社の物流事業チーム、マーケティングチーム、CS担当者などが必要な部分をすぐにチェックし、不要な工程と時間を短縮していました。
まもなく新しい記事が更新される予定です。
期待してください!
まもなく新しい記事が更新される予定です。
期待してください!
まもなく新しい記事が更新される予定です。
期待してください!

SMEG(スメッグ)、正確な出荷管理ができました!

現在、SMEGは出庫検品センターとアフターサービスセンターでリアルパッキンで映像記録を残しています。 出庫検品センターでは製品を出庫させながら商品に異常がないか確認しながら映像記録を残しており、アフターサービスセンターではアフターサービスを目的に入庫された瞬間からアフターサービス後の外観及び内部機能が正常に作動するかを確認するまでの過程をリアルパッキンを通じて映像で記録を残しています。

オートメーション化されたコーヒー物流現場でのご利用「カフェーブランドE社」

2020年からリアルパッキングを導入し、各店舗に出荷される過程を映像で記録し、ロスを減らし効率的な物流管理を進めています。 また、リアルパッキングを通じて出荷過程で記録された映像を基に、加盟店からの問い合わせが発生した際に映像記録を提供し、迅速な処理ができるように活用しています。これにより、誤配送に関する加盟店からのクレーム発生時、一つ一つ確認する不必要な作業がなくなり、人手と時間の無駄を減らして物流効率を改善しました。

自動化設備を取り入れた物流センターで、リアルパッキングをご利用「LG生活健康様」

LG生活健康は製品を出荷する際、自動化ラインで万が一発生する可能性のある不良品の確認のためにリアルパッキングを導入しました。コンベヤーベルトにスキャナーがQRコードを認識したとき、リアルパッキングは箱内の商品を自動的に撮影する形です。 作業者が別途の追加行為をしなくても、スキャナーがQRコードを認識すると、自動的に撮影が開始され、終了され、リアルパッキングが作動する原理です。

パントスロジスティク、誤出荷率を劇的に下げました!

LX Pantosでは、リアルパッキングを通じてこのような問題を解決しています。製品注文ごとに残したリアルパッキングの視覚的な映像記録をもとに、現場の物流担当者や荷主社の物流事業チーム、マーケティングチーム、CS担当者などが必要な部分をすぐにチェックし、不要な工程と時間を短縮していました。

なぜ、EC事業者は今すぐ越境ECを始めるべきか

越境ECを通じて、お客様に様々な商品のラインアップを紹介することはお客様に選択肢を与えることと同じです。また、現在のEコマースプラットフォームは、プラットフォーム別に差別化された機能がほぼないです。そのため、差別化を図るためには商品のラインアップを充実させることが重要です。

世界市場を席巻する中国発越境EC

驚きの低価格で注目を集める、中国発のショッピングアプリ アリエクスプレス・テム・シーインなど中国発ECが、積極的なマーケティングを実施し、一日に数百件も関連記事がネット上で見られています。中国発ECが様々な商品と低価格、そして、アプリの使いやすさを前面に押し出し、市場シェアを高めています。最近、これらのアプリの利用者の急増に伴い、アマゾンのシェアを奪っています。

進化し続ける物流サービス、1PL、2PL、3PL、4PLそれぞれの違いを説明~

物流サービスは製品が消費者に届くまでのすべてのプロセスおよび手段を意味します。通販事業者は、個人事業主から大手企業までさまざまな形で存在し、事業規模に関係な物流サービスを利用します。今回の記事では、物流サービスにはどのようなものがあり、どのように進化し続けてきたのか説明します。